フェザーとダウンの違いを知れば、快眠に一歩近づきます

サイトマップ

トップバナー

羽根布団とこたつ布団

フェザー

羽根布団が1番効果的

寝る際に要する布団の質を重点的に考えるのであれば、羽根布団が1番効果的だと思います。 ですが、羽根布団の中にも様々なランクがつけられている事をご存知でしょうか。 まず、寝具の通販サイトでは、高級羽毛布団が安く売られているという広告を目にします。 ですが、羽根布団と羽毛布団は異なっています。あまり認識されていないのですが、 とても大きな異なった点があります。

日本語で表記されると、ほぼ同様の漢字を使用しているので分かりづらいですが、 英語で表記するとどうでしょう。羽毛は、ダウン。羽根はフェザーと表記されます。 布団の業界では、中綿が50%以上の羽毛であれば、羽毛布団としての表記を行っていい事に なっています。それは、羽毛布団の方が高くはなります。そして、羽毛布団は抜群の保温性が 期待できるのです。羽根はグースやアヒル、カモなどの羽根で作成されます。 羽毛は、水鳥の胸の部分の産毛を使用しています。

タグ

パッケージに表示されている

硬い芯は取り除かれ、とても柔らかい物となっています。これが保温性を出している正体です。 採取時期によっても異なる品質は、値段にも大きな影響を及ぼします。 ヨーロッパ産の羽毛は少し高くなっていますが、基本的に中国やアジアのものであれば、 そこまで高値にはあならないでしょう。そして、羽毛布団であるかどうかは、 パッケージに表示されているので、そこで確認してください。

そして、そこに記載されている情報が羽毛90%と表記されているのであれば、誤差を考え、 86%の羽毛が入っていると考えた方がよいでしょう。羽毛布団を作成する際には、水鳥が50羽から80羽ほど 使用されているのです。なので、それほど高値になるというわけです。そして、羽毛布団は使っているうちに 羽根が飛び出してくる事があると思います。ですが、出来る限り羽根が出ないように、特殊な加工を 施している製品も販売されています。ですが、通気性を保った状態で羽根のみを押さえるので、 100%の押さえは不可能です。通気性は、羽根布団の命ともなっているのです。 こういった点を羽根布団を買おうと考えている人は、きちんと考えた方がよいでしょう。

こたつ布団

ポイント

寒い季節になるとコタツが恋しくなりませんか。一家団欒でも、1人暮らしでもコタツを 使用するのは、日本人特有だといえます。そして、寝具の1つとしてコタツ布団があります。 こたつ布団について考えてみましょう。1番大切になるのは、コタツの形と布団のサイズです。 コタツは正方形と、長方形の形状がある事を覚えておきましょう。

一人で暮らしているのであれば、正方形の小さいサイズのものでよいでしょう。そのテーブルに 適したコタツ布団を探さなくてはなりません。基本的に売られているコタツ布団は、大体が中国製です。 材質にこだわる必要はなく、保温効果も通常の寝具と比べると、あまり重要な点ではないからです。 ですが、こたつ布団の良質か、悪質かによって電気代が大きく異なってきます。

基本的に、電気代が異なる事など知っている人はいないと思います。その理由はコタツ布団自体の 違いを直接感じる事が出来ないからです。まず、コタツ布団の特徴としては、コタツに足を入れても 熱が逃げないような工夫が施されている事です。素材は、ポリエステルが一般的ではないでしょうか。 その理由は、リーズナブルな値段で作成する事が可能だからです。そして、コタツ布団には、 敷き布団と掛け布団がある事を覚えておきましょう。

こたつ

どの店舗でも基本的には、セットで売りに出している所が多いです。デザイン的な問題も出てくるので、 可能であればセットで購入した方がよいでしょう。現在では、若い人に向けたカジュアルデザインの コタツ布団が多く商品化されています。保温性を向上させる事によって電気代の節約も可能です。 サイズは小さいにしても、デザインと材質に良質のものを使用していれば値段は高値になります。

大体の基準となる相場としては、1万円前後だと考えておいた方がよいと思います。 コタツがあるのであれば、家族での団欒が行いやすくなります。家族をテレビを見て、 みかんを食べて、暖まり。家族のコミュニケーションの1つとしてコタツを 取り入れてもよいかもしれません。普通のデスクなどではないような会話などが案外でてきたりします。 私も実体験していますので、このコタツを使うのは本当にオススメです。ただの暖房器具でなく、コニュニケーション をとりやすくしてくれるのです。

寝具と快眠の基礎的知識