自分にあった寝具の基礎的知識を知れば、健やかな快眠を手に入れることができます

サイトマップ

トップバナー

快眠と寝具

快眠効果のある寝具の基礎的知識について、ご存知でしょうか。快眠する為に、知っておかなければならない寝具の基礎的知識をご紹介致します。寝具は、睡眠をとっている間の保温性と、寝相を重点的に考えます。まず体勢は、人が立っている姿勢に近く、1番体への負担が少ない状態を保つという事が重要で、それにより快眠の効果が得られる事を基礎的知識として知っておきましょう。

人間の体は、睡眠に入ると体温が下がる傾向がありますが、この働きと同時に快眠する為に、身体の内部から熱を出す為の発汗が起こってしまう事を知っておきましょう。寝具を選ぶ際には、こういった点を重要視し、吸湿性と放湿製が良い物で、保温性が兼ね備えられている寝具を使用する事が快眠する為の条件となる基礎的知識です。

掛け布団

寝具内が暖まるので寝付きが良くなる

寒い季節の寝具は、寝床内環境が快眠する為に必要不可欠な基礎的知識となります。冬は、毛布などの保湿性が高い物で、予め布団の中を温めておく事によって、寝具内が暖まるので寝付きが良くなるという事を快眠の基礎的知識として覚えておきましょう。寝具が冷めてしまっていると、身体が放熱を防ぐ為に、意識せずとも不自然な寝相になってしまうのです。

湯たんぽ

温度33℃、湿度50%が適温

寒い日には、湯たんぽや電気毛布を使用し、寝る前に寝具内を温めておく事により、よりよい快眠が期待できる事も基礎的知識です。温度は、体調や地域で異なりますが、基本的に快眠が得られるとされているのは、温度33℃、湿度50%が適温となっている事を寝床内環境を作る為の基礎的知識として知っておかなければなりません。

快眠と枕

枕

目が覚めた時に、首や肩のコリを感じるのであれば、快眠が出来ていない事が考えられます。 その原因として、寝具の枕が自分に適した物でない可能性がある事を基礎的知識として知っておく必要があります。枕の役目はベッドマットや敷布団の後頭部から首にかけての段差を無くす もので、立っている体勢と近い状態に保つ為に使用される寝具である事を基礎的知識として覚えておきましょう。

布団などの寝具との段差は、身体の骨格が違う事から個人差があるので、自分に適した高さの枕を 選ぶ為に、適切な枕の高さを知って、安定感のある寝具の枕を選ばなければならない事も快眠するための 基礎的知識になります。快眠を得る為に理想とされるのは、敷布団と首の角度が5度程度のものが 基本とされている事を、寝具の基礎的知識として覚えておきましょう。

枕に必要な高さは人によってそれぞれ

寝具の枕に必要な高さは、人によってそれぞれですが、基本的には1㎝から6㎝だといわれている 事も、快眠に必要な基礎的知識です。この深さに適した枕を使用する事によって、首と肩の負担 が軽減され、快眠しやすくなるという事も寝具の基礎的知識になります。もしも、高さが適さない 枕を使用していると、首や肩、胸の筋肉に悪影響となり、睡眠中の呼吸がしづらくなる事から、 快眠の効果が期待できなくなってしまう事を基礎的知識として知っておかなければなりません。

寝具の枕は呼吸がしやすい高さで

ポイント こういった事から、寝具の枕は呼吸がしやすい高さで、頭を支えてくれるほどの弾力があり、 吸湿性と放湿性がある物を使用する事によって、快眠が得られるという基礎的知識をご理解 頂けたかと思います。寝具の枕は、寝返りを打ち横向きになった際の事も、考えなければな りません。肩先から頭をすべて支えれるような奥行きを兼ね備えた物を、選ばなくてはなら ないという事を知っておきましょう。この点をカバーしていないと、逆に体に負担を与えることになって しまうケースもあるのです。せっかくの睡眠で体に負担をかけては意味がありませんよね。自分で気づかないうちに身体を休めるどころか 逆に負担をかけてしまわないようにしましょう。

相互リンク
http://www.realmediajapan.com/
https://www.momoda.co.jp/bed/
https://www.sougi-sos.com/saijou/saitama/koshigayashi-saijou/

ベッドマットの硬さ

マット

姿勢は、後頭部から首、胸にかけてと胸から腰、背骨が2つのS字カーブを描くようになっている事を快眠の基礎的知識として覚えておきましょう。また、自然な姿勢の腰部S字カーブで発生する隙間は、4㎝から6㎝となっていますが、快眠中の姿勢で1番身体への負担が少ないのは、2㎝から3㎝の時である事を寝具の基礎的知識として知っておきましょう。

慢性化する腰痛の原因にも

また、寝具のベッドマットが柔らかすぎてしまうと、快眠ができないどころか、腰と胸部が睡眠中に深く沈みこみすぎてしまい、背骨のS字カーブがひずんでしまう事から、寝付きが悪くなってしまったり、慢性化する腰痛の原因になってしまうという事も覚えておかなければならない基礎的知識です。

柔らかすぎる寝具も問題ですが、硬すぎるベッドマットを使用してしまうと、身体が固定され寝返りを睡眠中に打てなくなり、更には、骨にあたってしまい身体に痛みを感じるだけでなく、血流が悪くなってしまう事から快眠とは、ほど遠い睡眠になってしまう事も基礎的知識として知っておかなければなりません。

適切な硬さが必要不可欠

ポイント 寝具のベッドマットには、適切な硬さが必要不可欠だという事を理解して頂けたかと思います。まず、2つのS字 カーブのバランスを理解し、自分の適した姿勢で支えてくれるという事を、重視しなければならない事を快眠の為の寝具の基礎的知識とし て覚えておきましょう。あなたにとって楽な体制で快適な睡眠をとれる物が効果的な寝具なのです。どれだけ、自分にとって楽な寝具なのかを 実際に乗ってみて調べる必要があるのです。通販などではどうしても、この点は確認できないので、実際にお店に行くのが一番なのも 基礎的知識です。今は実際にその寝具にのってみて柔らかさなどを実感できるようになっているところも多いので、不安な方はお店に いくようにするとよいです。実際に自分で寝心地を試してみて、そして柔らかさなどを試し、本当に自分にあっているかどうか 確かめてみましょう。マットは通販などで買わず、出来る限り実際に店にいって、横になってみるようにしましょう。 しっかりした店はお試しを出来るようにしていますので、きちんと自分に合うか確認する事が出来ます。

相互リンク
無料電話法律相談~男女トラブル
http://datsumou-datsumou.com
http://cocolea-homme.com

敷布団で快眠

敷き布団

賃貸マンションなどに住んでいる方は、お部屋の広さの問題があり、寝具のベッドマットやベッドを設置する事が出来ない人がいる事を基礎的知識として覚えておきましょう。こういった理由がある中で、敷布団を寝具として愛用している人の中には、ベッドよりも疲労がたまりにくく快眠出来ていると感じ使用している人がいる事も基礎的知識として覚えておきましょう。

柔らかすぎる寝具を使用しない事

敷布団の快眠ポイントは、柔らかすぎる寝具を使用しない事です。これは、体が沈みこみすぎてしまい、腰に負担がかかってしまうからです。反対に硬すぎる寝具は、寝心地が悪くなり、快眠できず、体圧が集中しすぎてしまう事から血行が悪化してしまう事を寝具の基礎的知識として知っておきましょう。

快眠する為に理想とされる敷布団

ポイント 快眠する為に理想とされる敷布団は、上部が柔らかく、中心は少し硬いタイプの2層構造になっている寝具が効果的である事を基礎的知識として知っておく必要があるでしょう。最近、注目されている低反発素材を使用した寝具も、快眠に効果的な事も重要な基礎的知識になります。


人は、睡眠中に、1晩で約コップ1杯分の汗を出す事を基礎的知識として覚えておきましょう。実際に、目が覚めるとパジャマが湿っていると いう経験をした事がある方は、とても多くいると思います。寝具は、吸湿性と放湿性が必要不可欠だという事を、快眠の基礎的知識とし て知っておかなければなりません。高い吸湿性と放湿性が求められるという事も、寝具の基礎的知識として大切です。特に寝汗をよくかくかたに とっては知らないうちに、寝具の熟睡の妨げになっていることもあるのです。このことをしっかり と知っておく必要があります。寝汗をよくかく方は自分が寝汗をかいていることに気づかず、知らないうちに 快眠できていないことが多いのです。寝起きにフトンが濡れていることがあったり、寝巻が汗でぬれている ことがある人は寝汗が多いことを疑った方がよいでしょう。起きた時にフトンをめくってみて、床が濡れていないかどうか確かめてみるのも 寝汗をチェックする方法の一つです。気を付けて調べてみないとわかりにくいのですが、案外寝汗でグッショリになっているケースもあるのです。 また、寝ているだけで汗を大量にかき、それが蒸発していることも知っておきましょう。なので、就寝中にヘタすると脱水症状の近い状態になる方も 特に高齢者に見受けられるのです。高齢者は夜中に起きてしまったときなどにこまめに水分補給をすることも大事です。

相互リンク
http://abe-jim.com/
http://www.k-seek.com/
http://www.choeisha.com/

掛布団の重たさ

お味噌汁

寝具の掛布団への意見は個人個人異なっていますが、多いのは、掛布団が重たくなければ寝付きが悪いという声をよく耳にすると思います。ですが、睡眠中に重たい寝具の掛布団を使用する事によって圧迫されている手や足への血液を送り込むために、余計な力が必要になってしまうので、血圧が高くなり快眠を妨害している事を、寝具の基礎的知識として覚えておきましょう。

寝具の重みに安心するという声もありますが、反対に重みが邪魔になってしまい、夜中 に呼吸がしづらくなって、快眠できないという声もある事を寝具の基礎的知識として覚えておきましょう。 更に、呼吸問題だけでなく、重く硬いかけ布団は、体にフィットする事がないので、肩周辺に隙間が出来、 保温性に欠けるなどの問題がある事も寝具の基礎的知識です。重い方が安心できる、という声や意見はわかりますが、 このように実際は快眠の妨げに多い掛布団はなってしまうのです。ですので、軽い素材のものを選ぶようにしましょう。

寝ている間は人の体温は下がった状態

寝ている間は、人の体温は下がった状態となっている事を快眠の基礎的知識として覚えておきましょう。ま た、硬い寝具の掛布団を使用していると、冬場など寒い季節は、冷たい空気が肩周辺から入り込み、寝具 内の温度を下げてしまい、快眠を阻害してしまうことも寝具の基礎的知識として知っておかなければなりません。

安眠を妨げてしまう原因に

ポイント 寝具内の温度が下がってしまう影響によって、風邪をひいたり、寒さの影響で夜中に、目を覚ましてし まったりお手洗いに行きたくなってしまったりと、頻繁に途中覚 醒を起こしてしまい、安眠を妨げてしまう原因になってしまう事も、基礎的知識 として知っておきましょう。ですので、寝具内の温度が下がらない、快眠ができるものを しっかり選ぶ必要があるのです。この点は見落とされがちですので、しっかり覚えておきましょう。 睡眠は人生の1/3を占める大変大事なことなので、軽く考えないようにしましょう。

寝具と寝返りと寝相の関係

掛け布団

人間が1番リラックスでき、快眠が出来る体制は、上向きで寝ている状態だといわれている事を基礎的知識として覚えておきましょう。上向きが1番効果的だと言われる理由は、身体に余計な力を入れる事がないので、リラックスした状態になるといわれています。そのために上を向いて睡眠をとっている時間が多くあるときには、快眠出来ているという結果になっている事を基礎的知識として知っておくとよいでしょう。

快眠の妨害となる寝返り

ですが、人間は寝具内に入った際に、快眠効果を促そうと上向きで寝ていても、眠りに入ってしまうと寝返りを打ち、上向きとは異なった体制で寝てしまう事も、基礎的知識として覚えておきましょう。快眠の妨害となる寝返りは、部屋の温度や布団の大きさ、寝具の柔軟性が関係している事も基礎的知識です。

体への負担を緩和する為の行動

ポイント ただ寝返りは寝ている最中に、同じ部位が圧迫され血液の循環が滞ってしまう事を避け、体への負担を緩和する為の行動である事を、快眠の基礎的知識として覚えておきましょう。血液循環を促す他にも、寝返りは体温を調節し、寝具内の温度を保つ為に熱や水分を飛ばし、調節してくれる効果を促す為の行動である事を基礎的知識として覚えておきましょう。

快眠状態であれば、寝返りの回数を押さえる事は可能なのですが、体が沈みこみすぎてしまうような、柔らかす ぎる寝具や、骨を圧迫してしまうような硬すぎる寝具は、体へのダメージを軽減する為に寝返りの回数が増え てしまう事を基礎的知識として覚えておきましょう。やわらかい寝具が良い、と思われがちなのですが、 実際は柔らかすぎても快眠しているようで、実は快眠できていないことが多い、というのもあります。 ここまでに、ご説明致しました快眠する為に効果的な寝 具の基礎的知識を、これから寝具の購入を考えている人にご参考にして頂ければ幸いです。